2011年09月18日

おじさんっ!!!! 危ないよ!

今日は危ない走りをする人が、この界隈にもいっぱいだったのですが、
思わず注意をしてしまった、とても危ない例。

危険な自転車走行例
朝、ファーム会の待ち合わせ場所まで
BT店主と一緒に走っていました。
すると、右の路地から飛び出してきそうなおじさん。
ブレーキをかけるそぶりがありません。

危険な自転車走行例
ぶつかるかもしれないことを瞬時に想定し
一応、構える。いつでも避けられる準備。

危険な自転車走行例
なのにおっちゃんは、こっちへは来なかった。
あろうことか、図のように角に沿って右折したのだ!
つまり、逆走側。
おっちゃんとしては、道を横断して右折するわけではないから、
一時停止しなくても、「ただ曲がればいい」と思ったらしい。

危険な自転車走行例
こういうのが一番危ない。
なぜなら、そのときたまたま、
法律を守って左側走行をしている自転車が来ていたら!?
当然ぶつかる!
まさか、自転車が逆走してくるとは思わないから、
こういう衝突は特に危ないのです!!!
もちろん、角から何か飛び出してくるかもしれないことは、
常に注意していなければならないけど、
すべての角でずーーっと注意するのは無理だし、
たまたま気を抜いてることもありますよね。
そもそも、逆走している人がいるのが悪い!!!

おじさんを止めて、注意をしたのだけど、
「あぁ、あぁ」と言うだけで反省しているとは思えず…。
たぶん、自分が逆走をしたという意識がない。
まずは角にそって右折し、車が来てないのを走りながら確かめ、
左側走行をしようと思ったらしいんです。
その証拠に、すぐに私たちの後ろを走っていましたから。

ママチャリのおじさんじゃないんですよ。
MTB乗って、ヘルメットかぶって、
スポーツタイプのリュックを背負って…。
ジャージこそ着てませんが、
「スポーツバイク乗ってます!」と自慢しているような感じの
おじさんなんです。

あぁ、こういうのが一番やっかい。

自転車は左側通行!
見通しの悪いところは一時停止、そして危ないところは減速、
人が多いところは降りて押す!
このままじゃ、日本の道路から自転車が締め出されてしまいますちっ(怒った顔)

posted by BIKE TOWN at 20:18| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビールフェア

大桟橋ホールでクラフトビール祭り?らしきものが開催されて居る模様。
千鳥足とはこのことか!と、言った方々大勢赤い顔して帰って行きます。

もう少しするとオクトバーフェス
また美味しいビールを味わいに出掛けたいなぁ〜。

明日は月曜日、当店定休日となります。
posted by BIKE TOWN at 19:02| Comment(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする