2012年06月03日

楽しかった! 瀬戸内三海道ツアー

しばらく間が空いてしまいましたが、
瀬戸内三海道(さざなみ海道、とびしま海道、しまなみ海道)の
サイクリングツアーのことについて。

今日は、サイクリング以外のレクリエーションのことを書いてみます。

今回は、過去2回のツアーになかったことを取り入れました。
それは「潮流体験」。

自転車を降り、40人乗りの船に乗り換え、
瀬戸内海の潮流を体験するツアーです。

biketown_2012_06_03_001.jpg

瀬戸内海は波は穏やかです。
白波なんて、太平洋を見るまで見たことがなかったですし、
瀬戸内海でサーフィンなんて考えられませんでしたが
こっちへ来ると、サーフィンがポピュラーで驚いたほど。

でも、島がたくさんある瀬戸内海は、
島と島で挟まれた場所、つまり「瀬戸」は
流れが激しくなるんです。
「船折瀬戸」と言って、船が折れるくらい急流…と言われる場所もあるんですよ。
だって昔の船は、木でできていて、エンジンなんてなかったんですもんね。
だからこそ、急流でも船を上手に扱う「水軍」が力を持ったというワケです。

その急流を体験するため、船に乗り込んだみんな。

biketown_2012_06_03_005.jpg

ライフジャケットをつけて、ヘルメットをかぶっていれば、
安全間違いなしですね!(笑)

途中、村上水軍が拠点としていた「能島」という島も見学。

島の近くまで行き、特に流れが速いところで、
船頭さんがエンジンを切ってくれます。

biketown_2012_06_03_002.jpg

すると、潮の流れる音が「ゴーゴー」と聞こえ、
船がスーッと流されて行くのです。
まるで川みたい!

biketown_2012_06_03_004.jpg

時々、小さな渦潮が見られます。
これのでっかいヴァージョンが「鳴門の渦潮」になるんですね。

biketown_2012_06_03_003.jpg

途中、これから走る橋の下もくぐりました!

こういう流れを見てから、瀬戸内のお刺身を食べると、
「なるほど、だからこれだけ身が締まっているのね」と思います。

時間が許せば、サイクリングの途中に
ぜひ入れておきたいアトラクションです船

posted by BIKE TOWN at 20:04| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする