2012年06月05日

苦しかった! 瀬戸内三海道ツアー

今日も瀬戸内三海道の話を少し。
今回のツアーは楽しかったばかりではありません。
男性陣には、上りも行ってもらいました。
上りはある意味「楽しい」のだと思いますが、
やっぱり、上っている最中は苦しい!

まず最初の試練は、とびしま海道にある、
自称(…私たちがそう呼んでいるだけ)「瀬戸内のステルビオ」。

瀬戸内三海道
↑写真の奥の方までガードレールが続いているでしょ!

「瀬戸内のステルビオ」は、みかん畑の間を抜ける農道です。
みかん畑は、みかんに日が当たるよう、
山の斜面に、まるで這いつくばるように存在しています。
だから、農道も斜面に這いつくばるようクネクネ道!

瀬戸内三海道

眼下に広がる景色も、ズーッとステキ!
ここはBT店主と下見で走って、自分たちで見つけたとっておきコースです♪

そして次に上ったのが、大島の亀老山。

瀬戸内三海道

<亀老山のデータ>
距離: 3.29km
標高差: 270m
平均斜度: 8.2%

ここは、上れば「来島海峡大橋」がキレーに見える場所。
カメラマンさんもたくさん来る場所です。

今回はあいにく、ちょっとガスってたけど…

瀬戸内三海道

島々と来島海峡大橋がいいですよねー。
この景色を見ただけでも上った甲斐があったというもの。
K先生は2年前、途中で脚をついて、自転車を押して上りましたが、
今回は見事完走! この2年間でずいぶん走れるようになった証拠ですね。
走れるようになればなるほど、楽しみが増えるというものです。

そして最後の試練が、向島の高見山。

瀬戸内三海道

<高見山のデータ>
距離: 1.35km
標高差: 151m
平均斜度: 11.5%

ここがクセモノ。
写真でわかるか、どうか…。とにかく舗装がキタナイ!
今年のジロでステルビオを上る前、舗装が超キタナイ急斜面があり、
フミくんも電話レポートで「なんじゃこりゃ!と思った」と言っておりましたが、
まるであんな感じ!
中継を見ていたBTメンバーは、「あぁー! 高見山だ!」と思ったとか。
とにかく、進まない、進まない!

苦労の末、上った景色は…。

瀬戸内三海道

やっぱりキレイ〜。
目の前に、縦に連なった島々は、今さっき自分たちが走っていた場所。

高見山は、「瀬戸内のモルティローロ」と名づけましょう!

そんなこんなで、グルメもアトラクションも走り応えもあった2日間でしたわーい(嬉しい顔)

posted by BIKE TOWN at 18:59| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする