2013年05月31日

たばこの煙、24時間

うちの隣はファミリーマートなのですが、
そこが設置している灰皿に困っています。

最近は外でも禁煙が常識なので、
愛煙家のみなさんは、喫煙所があれば
「ここぞ」とばかりに一目散。
ファミリーマートの前は、別に喫煙所ではないのですが、
腰高の大きな灰皿が置いてある上、
JTのシールも貼ってあり、遠くからでも
「ここでたばこが吸えますよ〜」という雰囲気。

また、駐車場ではないのに車3台は止められるスペースがあって、
いかにも「ここで吸ってください」という雰囲気。

昨日のお昼なんか、16人が吸っていましたよ!

biketown_2013_05_31_1.jpg

これってもう、喫煙所ですよね。

こんなにたくさんの人が吸ってなくても、
常に誰かが吸っています。
そうなると、どうなるか…。

うちの部屋に、ほぼ24時間、
たばこのにおいと煙が入ってくるんですよーーー!
健康を考え、クーラーを使わず窓を開けるようにしているのですが、
これでは本末転倒。

実は4月からファミリーマート本社に問題の対処をお願いしていて、
未だ改善がされず、神奈川県のたばこ対策グループの方も
店舗に言いに行ってくれたのですが、それでも解決せず…。
今日、改めてお願いの電話を本社にしましたが、
「灰皿の設置は各店舗に任せておりますので、
こちらとしては、お客様の要望を
店舗に伝えることしかできません」という話。

えーーーー! 解決の努力はしてくれないのーーー!?

「それでは、本当に問題を解決するには
直接店舗に掛け合うしかないんですか」と聞いたら、
「そういうことになります」という返答。

なーーーんだ。

「じゃあ、もう私たちはそのお店には行けなくなってしまうと思うんですが、
それでも直接やりあうしかないんですね」と言っても、
それ以上進展はなく…。

はぁ〜。

こういう時代だからこそ、コンビニの前の灰皿が
喫煙所と化してしまっている問題、各地にあるのではないでしょうか?

コンビニが灰皿を設置するのは、店内が禁煙なので、
煙草を吸っている人にそこで消してもらうのが目的。
ならば店の入り口近くに灰皿を置けばいいのですが、
広いスペースの真ん中に置いているので、
「煙草を吸ってくつろげる雰囲気」を作ってしまっているんです。
入り口近くに置けばとどまる人は減るでしょうし、
うちの窓からも遠くなるんです。
それ、本社に訴えたんですが、結局、ご近所同士やりあうしかないかな。

あなたと、コンビに、ファミリーマート。

三冬に副流煙を24時間吸わせるわけにはいかないので、
母ちゃんは戦わなければなりません。
バンガルゾ〜もうやだ〜(悲しい顔)

バイクタウンプラス店主より

posted by BIKE TOWN at 18:03| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする