2013年12月15日

中庸がいい

先日、面白いタイトルの本を見つけました。

無添加はかえって危ない

まぁ、物事なんでもそうですけど、
「表」がいいという人がいたら、
かならず「裏」がいいという人もいて、
特にみんなが「間違いない」と思っていることの逆説をいうと、
注目も浴びるし、TVだったら視聴率も増えるし、
本だったら売れるわけです。

ただ、この本の中身は「なるほどなーーー」と思えることがあって、
たとえば「“オーガニックだから健康に良い”は
科学的な根拠ナシ
」という部分なんか、
勝手に、何の疑いもなく、
「オーガニックだから健康に良い」と思い込んでいた自分に気がついたり。
まぁ、何かしら体にいいのかもしれませんけど…。

うちの父は少しですが野菜を作っていて、
それがどうやら無農薬らしいのですが、虫がスゴイ!
ホウレンソウなんか虫食いだらけ。
「それだけおいしいんだ」と言いますが、
虫食いだけなら目をつむるとしても、
葉の裏側に虫の卵がズラリと並んでいると、
これはもう、「農薬使ったキレイな野菜を食べたーーい!」と思います。

何事も、中庸がいいんですね。

自分の人生をどんなふうに生きるかを決めるポイントは、
まず、「笑顔でいられるか」、「幸せか」を問うようにしています。

オーガニックの野菜を食べて、「あぁ、幸せー」と思えばOK。
逆にこだわりすぎて、外食もできない、食費がかかってほかに趣味も持てない、
いつも血眼になってオーガニック商品を探す…なんてなったら、
それは、「自分で自分の人生を生きにくくしているだけでは…?」と思ってしまいます。

その点、BT店主は「人生を生きやすくするコツ」を心得ていて、
それを私に教えてくれた人です。

中庸で、笑顔で、幸せで…、
そういうふうに、ずっと言ったいられたら、本当にいいなかわいい

バイクタウンプラス店主より

posted by BIKE TOWN at 19:52| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする