2015年01月07日

ローラー台にて タイヤの違いを感じた

今日も3本ローラーを漕いでみました。
今まではレーシングライトにコンペティションを履いた仕様。
今日はいつも外で乗っているニュウトロンウルトラにコルサCX
チューブラーとクリンチャーではありますが、ホイールは似たような性格
私にはしなりが足りないので、どちらも不向きな性格。
ちまみに、、、外では無いので、ホイール本来の性能は試せません。

クリンチャータイヤはコンチネンタルが好きでしたが、表面のグリップ感を重視せず
タイヤの変形を期待して、CXにラテックスを入れて使っています。
言い方を変えれば、CXはブチルゴムでは硬い印象しか受けませんので
ラテックスが必須です。

漕ぎ始めて直ぐに、ローラー上でCXは滑りました。
ブチルゴム仕様のコンチネンタルと違い、
サイド部分も変形しているようで、身体も上下してしまいます。
これも言い方を変えると、漕ぎ方が悪いために上下しているのですね。
外の実走行でしか解らないこともあるのですが、
ローラーだと顕著に感じ取れることもあるのだなぁ〜と。
改めて感心&やっぱり機材スポーツって楽しいな!とも痛感しました。
女性にはこの部分はピンとこないかも?しれませんね。
こうしてオトコは語りたいのです。
それが趣味道と言うものですね。。。

また明日も楽しく?漕ごう!
posted by BIKE TOWN at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする