2015年03月27日

おやっ?と感じたら 気をつけましょう!

このところ、ホイールの修理が多いのですが、
結構出くわす、ロー側へのチェーン落とし
『やばっ!』って思った瞬間にクランクを止めることが常識ですが
踏み込んでしまうことも多いようです。
スプロケットとスポークの間に挟まったチェーンで
スポークに損傷が出て、一番弱いスポークが削られちゃいます。
スポークにはある程度の張りが掛けられていますので
削れて細くなった箇所などから破断することもあります。
写真のスポークで黄色いテープを貼ってあるスポークは
ちょっとマズイかも?と言う箇所です。
どーにか動作はしますが、実際に取り外すと
『ハレホレヒレハレェェ〜』と曲がってしまいます。
スポーク交換は面倒なので、出来ればこうならばいように
ご注意を!
2015031915370000.jpg

割と綺麗なスポークが2本あるのですが、これは今回の修理で交換したものです。
解るかなぁ〜。。
posted by BIKE TOWN at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする