2015年10月01日

昨日の展示会より 2016 TIME

去年の限定モデルからして 細身路線へと回帰するかとの予想は 大ハズレ!
ただ、TIMEらしい実践的マイナーチェンジで値段以外は納得のモデルがありました。

P1000233.jpg
高級感のある佇まい、同社内部では安価なモデルですが。。。

P1000234.jpg
ワイヤーは外側を通す仕様、EPS等の配線はフレーム内部を通すことも可能。

P1000236.jpg
EPSのコンピュータも外部、低重心位置へ
見た目はデベソみたいですが、実用的です。
posted by BIKE TOWN at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする