2015年10月16日

空気抵抗 と聞くと大袈裟ですが。。

自転車に乗り始めた頃『空気抵抗』と聞くと、
とても大袈裟に感じていましたが、最近それがとても身近です。

毎日使用しているマウンテンバイクにリキセンカウル製の
キャンバス地フロントバッグを取り付けていました。
あまりにも風を受けて、進まず、風にハンドルを取られて危ないので
これまた同社の金属メッシュ製バスケットに換えてみました。
2015101609210000.jpg

なんと、ビックリ!!!抜ける抜ける、ジェンジェン違うんですぅぅ〜。
平坦やビルの谷間は勿論のこと、緩やかに登る帰り道、
カタツムリがトイレ我慢してつつ急いでるよ〜な速度ですが
ジェンジェン違うんですぅぅ〜。

ま、受けてる面積がデカイし、毎日繰り返しテストしてるみたいなもんだから
大きく感じるのかも知れませんが、これがロードだったら
もっと大きく影響しているのだなぁ〜と改めて実感。
前載せタイプのチャイルドシートでも大変だっただろうなぁ〜。

今日はフロントのフェンダーを追加する予定です。
何だかドンドン便利自転車になってっちゃうなぁ〜、ヤバい。。。

2015101010330000.jpg
チャイルドシート恐るべし!パイプハンガーの運搬もヘッチャラ!
固定にはラテックスやR-AIRがオススメです。
伸縮時のしっとり摩擦が大きいので、しっかり留まります。
ブチルじゃダメなんです。
posted by BIKE TOWN at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする