2016年03月26日

フロントライト 感想(長いデス)

通勤バイクに取り付けて使用している DUSUN AERO AF500
2016032610000000.jpg
実働してから数ヶ月、かなり良いので改めてご紹介したいと思います。

《明るさ》
とにかく、ホワイトでズドーーーーンと明っかルイ!(太川陽介さんは現在ミュージカル中ぅ?)
ハイ、ミドル、ロー、点滅の照射パターンから選択が可能となって居ますが、
ローでも十分な光量。
明るいのなんて不要!照射出来るよりは対向車への認識重視
と思っていたのですが、これに慣れちゃうと
もう電池式などの光量がグングン下がったり、
蛍の光ちゃんみたいなタイプには戻れません。

それを一番実感するのが、対向車とすれ違う時!
点滅や違うモデルだとイマイチ避け方が 馬鹿にされた感じ
なのですが、ロー以上の照射の場合にはかなり大袈裟に
左へ寄って避けてくれます。
なので、こちらも怖い思いをすることがありません。
照射が明るいのは、スピードを出して居て、よく見えると言うことより
この点がとても重要なようです。
ちなみに速度は控えめにすることが何よりの安全対策
通勤などを除けば、夜間走行も出来れば避けたいところですね。

それから、特徴でもある 足元照らし
これはかなりの安心感に繋がります。

《使用時間と充電時間》
これもこのモデルの優れた点として挙げて良いと思いますが
継続して使用出来る時間が長〜い点。
充電時間は5〜6時間とかなり掛かりますが、
毎日30分の帰路で、点滅50%、ロー照射50%の使用で
一月は充電なし!それも未だジェンジェン余裕を残してます。
また、主電源スイッチを入れると充電量の目安が表示され
『うむ、未だ大丈夫ぃ!』と、とても安心。
2016032610520000.jpg
4つランプ表示がありますが、ワタクシめは小心者なので
一つでも消えかけて来ると『あ〜、もうダメ、充電しなきゃ!』と
異常に焦ってしまうのですが、勿論、未だ未だ全然使用可能なレベルです。

《ダメな点》
取り付け用のアタッチメント(台座)からライト本体が取り外し可能ですが、
その脱着が全くもって ダメダメちん⚪️
我が家はとても暗いところにあるので、懐中電灯代わりに
帰宅時取り外して使用するのですが、非常に手間取ります。
台座毎外した方が早いくらいに感じることもあります。
ま、多少の慣れで容易には成りましたが、
それにしてもヨロシク無い構造です。
ちなみに懐中電灯としても足元照らしの独特な照射は最高ぅぅ〜デス!

以前、空き巣に入られた!と、勘違いした時に来て下さった警察官の皆さん。
夜道を照らすライトが『X-FILEの暗闇を照らす捜査みたいだぁ〜』
とキラキラ眼差しになった時のことが頭を過ぎります。
そんなプロが使う電灯並みに明るいので、何となく色んなところを照らしたくなって
近所の庭や壁をついつい照らしてしまいます。
(通報されて捕まるかもね?!止めなければ!!)
子供の頃にやっていた 空をサーチライトのように照らしてもみましたが
やっぱり無理でした。
バットマンを呼ぶ時の アレ です。
(51になっても成長していないよーーです)

《まとめ》
最高に良い製品だと思いますが、ロードバイクには付けたくありませんね。
冬の早朝だと 付けておけば! と思いましたが
このデカいライトを付けるのは許せません。
っーことは、、、、
こうして一生懸命にインプレしてもロード中心の当店では
 売れない(売らない)?!
商売上がったりの訳ですな。。。。ダメだコリャ。。。
(当店在庫ありますので宜しく御願い致します)

posted by BIKE TOWN at 13:06| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする