2016年09月08日

来年の夏 しまなみ海道ツアー参加者募集!

今年も行った 広島
来年は しまなみ海道、とびしま海道、そして最大の目的
美味しい料理宿 次いでに 瀬戸内のステルビオへ行こうと思います。
何と言っても今年断念した美味しいお宿
とっても人気なので今から予約をしなければ デス。
未だ未だ先だなぁ〜と言うことで予定は決められないと言うところでしょうが
数名は行くと決めて準備をしちゃおうと思います。

日程は2017年8月11(金)〜13(日)2泊3日

宿の予約次第で定員となりますので、覚悟を決められる方はお早めに!

P1000378.jpg
2016081114470000.jpg
DSCN0199.JPG
DSCN0215.JPG
DSC_1667.JPG
DSC_1746.JPG
DSC_1702.JPG
DSC_1716.JPG
DSC_1741.JPG
DSC_1773.JPG
posted by BIKE TOWN at 16:58| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COLNAGO C60試乗車に乗ってみて コンポの感想。。。

今朝は登園後に雨雲の合間を縫って試乗車に乗って来ました。
いつもの辺りを雨を気にしつつ15キロ程。
自転車の方はこれからご贔屓様が試乗されるため
変な刷り込みがされてもイケマセンので、インプレは後日にしよーと思います。

さてさて、久しぶりに操作したSHIMANO
それも電動ぉぉーーーです。(コンドーーーです って有りましたね、解るかなぁ〜)
流石!と言うところを発見しました。
のんびり直線を走っている時や挽いてもらって3人目以降の時など
何となく暇だなぁ〜 と言う時に役立つ機構!
P1000391.jpg
レバーのブラケットカバーの外側が ピラピラ出来ます。
そうです、何となく指の皮が気になり、ついつい剥きたくなっちゃう
あの感じです。素晴らしいぃぃ〜!

ワタクシなどは絶えず一生懸命に走らないとイケナイので
こうした機構は必要なく、カンパニョーロで十分なのでありますが、
プロトンの中では必要なのでしょうねぇ〜。

そしてそしてヘタクソ故、足が左右へグリグリ動いてしまい
クランクに干渉しちゃいました。
P1000392.jpg
ペダリングスキルが低すぎるので、フローティング構造を採用して
その動きを吸収してくれるペダルを使用しておりますのでそのカンケイもありますね。
いつも乗っているコンポーネントだと全く起きていなかった症状。
ご指摘ありがとうございました!と、言う感じです。幅広い左クランクちゃん。
止めネジあるから仕方ないよね!

STIレバーは確かに握りが細くなっています。
が、突き出しが長く、レバーを握らせるための形状かと。。。
普段使用している物はレバーとハンドルの両方に沿わせるような形状。
従ってSTIの場合、レバーとハンドルの接触、そしてレバーバンドの剛性が
重要になってくると思います。
この形状の良い点はダンシング時にレバーを押す感覚が強く出せる点。
ダンシングを多用出来ないワタクシには必要ないし
ハンドルの形状をレバーとツライチになる物にすれば良いだけのこと。
そもそもレバーだけ握るんじゃなくて、ハンドルも握らねば!
ハンドルやステムの剛性がどーのと言う前にココですな。

また、EPSと比べてトップ側への ボタン 操作がかなり深め。
レバー操作をしていると言うよりはスイッチを押している感覚。
機械式からの乗り換え時に違和感を覚えます。
普段は乗り換えてもほとんど感じないことなんですけど。。。。

それと下り坂でのブレーキは効きますが、掛かり過ぎてしまい
コントロールというよりはオンオフな感じ。
長時間の下りだとホイール側への負担が多いだろうなぁ〜と思いました。
また、レバー其の物の幅が広いため、長時間握ると握力が必要です。
レバー内側へ変速の機構が詰め込んであるので仕方ないのかな?

総じて、、、、使っていて問題はないんだろうけど
所有するという意味では疑問。
物が好きだから深く考えてあるだろう商品を選んで使いたいワタクシには
不向きみたいです。

P1000390.jpg
サイズが少し小さいのでシートポストが出過ぎ。
今朝は慌てて出たのでサドル高が2ミリくらい高い印象でした。
でもクランクも短いし、トップも短く、前乗り気味になっちゃったから
高めでも後ろへ踏むみたいな感じで取り敢えずヨシ!としました。

焦って居たにしても赤いサドルバッグはイカンなぁ〜、、最重要反省事項です。
次回はフレームとホイール、タイヤ、チューブに関しての感想を書こうと思います。
posted by BIKE TOWN at 11:58| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする