2018年03月13日

BREEZER RADAR PRO・CHILD SEAT EXPRESS

またまた通勤自転車装備自慢でゴザイマス。
DSC_0590.JPG
ピントがボケボケになってました・・・撮影時は老眼で気がつかず。

よーやっと導入を決意した 赤いレインカバー
今までは大人用のポンチョを着せて乗車させて居ましたが、
厳冬期の防風効果も期待して 導入ぅぅ〜。
乗車してから被せるため、スタンドの装備されていない自転車だと
非常に手間が掛かります。
特にドロップハンドルバーですと、壁に立て掛けた際に不安定で、
手間取っている間に雨に濡れちゃうし、倒れそうになるはで、NGでした。
折角、雨の日に強いディクスブレーキが装備されて居て、ウキウキだったのに・・・・

DSC_0591#1.JPG
これが装備されていない自転車なんて!
と、今ではマストアイテムとなったリキセンカウルの脱着可能な前かご。
ドロップハンドルでしかも、手元操作レバーに装着出来るのか?
と、心配していましたが、オフロード向け変な曲がりハンドルと
SRAMダブルタップのお陰で、事なきを得ました。
写真だとギリギリ感バリバリですが、実際に使ってみると全然問題ありません。
ただ、MTBだと感じなかったカゴを通過する風切り音がビンビンで驚きです。
やっぱり、常用スピードが上がっているのでしょうか。

DSC_0595.JPG
2台で使いまわして居る携帯ポンプ TOPEAK マウンテンモーフ
トップチューブ下へ配置していましたが、今回はフォークへ装備。
今までの位置だと、ペダリングした膝が干渉するので非常に嫌でした。
ここで全く問題無し。駐輪時にもこれが先に当たるので、フォークの傷付き防止にもなりそうです。

DSC_0594.JPG
言わずと知れたリアメカガード
付けないと言う理由が見当たりません。

DSC_0593.JPG
携帯工具と予備チューブの常備品。
折角装備されているダウンチューブ下のダボ穴を使用してみたい!
と、付けてみましたが、ダウンチューブへ装備するフェンダーの邪魔なので移動しようと思います。
低重心で良かったんだけどなぁ〜。

DSC_0592.JPG
前かご装備の場合 ライトはこの位置 最高!
これまたTOPEAKのバーエクステンダーを介して装着。
点滅や照度切り替えを自転車から降りなくても操作が可能です。
ロードバイクなどのカーボンフォークでは、クイックナット位置に取り付ける
アダプターを介して装備することもありますが、手が届かなくなります。
頑丈系バイクならではの利点。

DSC_0599#1.JPG
チェーンステーガードは半チェーン側にも装備
自身の左足カカトが擦れると言うこともあるのですが
相棒が自分で乗車する際にここをステップするので
滑り止めとしての意味で装備しています。
ちなみに・・・スポークもステップして乗ることがありますが
見なかったことにしています。

先週からコメンサルMTB号に乗り換えて、
その良し悪しが改めて判明して来た二号さん。
次回は性能面などに関してお知らせして行こうと思います。
posted by BIKE TOWN at 16:06| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする