2018年03月29日

東京サンエスさんの展示会 その2

とにかく、沢山の商品が有り、どれから見てよいのやら?
と、言った感じもしますが、ついつい目が行っちゃうのが ハンドル。
オーソドックス曲がりや、幅の狭い商品は、特に興味津々。
シルバーと言うキーワードも気になりますね。
DSC_0625.JPGノーマルハンドルサテン.JPG
この形状を見ますと、食い入ってしまいがち。

シューシャローサテン.JPG
こちらの形状もチョットだけ興味があります。

OSサテム.JPGノーマルステム.JPG
上記のハンドルに合わせると良さげなステムです。

クランク外側.JPG
オリジナリティー溢れるクランクセット。

クランク組み立て内側.JPG
クランクのみ内側.JPG
メカメカしいチェーンリング取り付け部、見えない側ですが、ワクワクします。

チェンリングうちK側.JPG
アウターとインナーが一体になっているチェーンリング。
メチャメチャ軽量でした。

クランク断面.JPG
一昔前だとシマノ製品くらいにしか存在しなかった 中空構造、スゴイ時代です。

DSC_0636.JPGDSC_0637.JPG
コンパクトにも程が有るでしょ!と、思うほどの小さなインナーチェーンリング。
写真の商品は27Tですが、24Tが存在します。

ハンドル並び.JPG
フォーク並び.JPG
試作品か?と思うほどの ハンドル&フロントフォーク商品群
全て通常ラインナップ品デス。

こんなの有ったらイイなぁ〜と言う日本人の要望を事細かく吸い上げて
トライアンドエラーを繰り返して商品化された物ばかり。
直ぐには売れなくても徐々に火が着いていく物も多いとか。
国内の自転車商社さんとしては異を放つ存在 それが東京サンエスさんですね。
グレーーーート!

posted by BIKE TOWN at 17:24| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする