2018年04月05日

明日の営業開始時間のお知らせと・・・

明日は13時からの営業開始とさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが宜しくお願い致します。

今朝は、開店前に銀行廻りのお仕事。
初めに向かった先は、ベイスターズ通り。
この通りは、当店前の改修工事の見本となるだろうと予想していた所です。
折角なので、ブログネタ用に写メ。
DSC_0611.JPG
DSC_0612.JPG
ここの舗装は、こんなシステムが施されているのですね。
当店前も此処と同様になっているのかは定かではありません。
またこちらの歩道色は落ち着いた ブラウン
我らが大桟橋へ向かう歩道は、 ホワイト
これがまた日差しで白く輝き、眩しいんですねぇ〜。
夏場、大丈夫でしょ〜か。

DSC_0615#1.JPG
こちらが今日現在の当店前の舗装。
未だ未だ植栽が育っていませんが、何れはベイスターズ通りのように成るんでしょうね。
自然は 偉大デス。

DSC_0613.JPG
馬車道側へもう一本行った通りはご覧の通り。
こんな素敵に花が咲くようにして欲しかったけど、
並木を取っちゃったんだから、植樹するスペースは無いんでしょうね。

と、このまま年度変わりの街並みでも楽しみながら戻ろうかと思って居たら・・・・
DSC_0614#1.JPG
まさかの 後輪パンク!
その場で処置しようかとも思いましたが、時間と労力ケチって
刺さった異物を抜かずに、空気充填!
どうにか店まで保たせられそうなので、超前輪荷重で
空気保持時間と戦いながら猛ダッシュ!
前乗りポジションでの筋肉の疲労具合や
ダンシングの重心位置の大切さが極端に理解出来た気がしました。
トラブルから学ぶところも有るネ!と満更でも無い気分。

DSC_0616#2.JPG
抜けずにバッチリ刺さってます。

DSC_0621.JPG
抜く前に補修時のチェックを容易にするためにマーキング。
ったって、動物みたいにオシッコ掛けたんじゃありません。
マジックインキで印付けです、悪しからず。

DSC_0617#1.JPG
抜いてみたら、自然界からの贈り物でした。
恐竜の牙出土!みたいですねぇ〜。
こんな小さな物が科学的な分厚いタイヤを一蹴していたとは・・・
やっぱり自然は偉大デス!

ヨッしゃ、チューブ引っ張り出そうか!と、ビードを落とすべくタイヤをめくると・・・
何と!チューブレスレディタイヤの恩恵?全くビードが落ちようとしません。
DSC_0618.JPG
ビード上げるのに苦労したことは度々有りますが、落ちないとは。。
ご覧の通り、レバーを差し込む隙間さえ出来ない程に強烈に密着。

DSC_0619.JPG
取り外す際に使う方法とは考えてもみませんでしたが、
ビード上げと同様に石鹸水を用いて、リムとタイヤを滑らせ、
火事場の馬鹿力以上の力を振り絞り、どうにか落着。
リムテープも一緒にズレちゃいましたし、
タイヤが変形し過ぎて、使い物にならなくなるかと心配な程でした。
未だ手が痛い。。。

DSC_0622.JPG
マーキングした箇所と、更には内面も異物が無いかをチェック。これ大切デス!

DSC_0620.JPGDSC_0624.JPG
パンク箇所と修理後の水没検査。
貫通の場合もあるので、出先でも空気を充填して確かめるなど検査は必須です。
(予備チューブへの交換対応で修理する場合は、その必要が無いので迅速です)

と、言う訳で前乗りポジションをしなくて済むし、
処置時間短縮を期待して、パンク修理剤を携帯品に追加しました。
DSC_0625.JPG
この程度のパンク穴なら塞いでくれますので、とても便利なグッズです。
ロードとマウンテンには積んでいたんですが、
今回はツキが有りませんでした。。。。
得てしてこうしたものですね、トホホ。
posted by BIKE TOWN at 18:16| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする