2018年04月06日

完成車も地道に組み立て

展示している完成車を少し組み立ててみました。
普段はオーナーが確定し、その方に合わせて組み立てるため
ある程度の範囲で、仮組みして展示して居ます。
今回の自転車は完成時のイメージが湧きやすいように、
ある程度まで組み立てる事にしてみました。
(実際にオーダーが入ったら、必要に応じて組み替えます)
すると・・・
DSC_0612.JPG
フォークの下玉受け(ベアリングを受けるパーツ)が
斜めってます。(画像右側が少し浮いていますね)

DSC_0614#1.JPG
こちらが適正に打ち込んだ状態です。

DSC_0615#1.JPG
リアメカの取り付け台座(通称リアエンド金具)が結構曲がってます。
この状態でトップ側の調整をしちゃってあるみたいです。
スプロケットのトップ側とリアメカプーリーの位置が一致しています。

DSC_0620.JPG
こちらが適正な状態です。
未だリアメカの調整を施していませんので、
上の画像で見た、プーリー位置は外側へズレています。
実際の組み立て調整時に修正します。

どうせ形にするなら、もう少しマシに組んでくれてもイイのになぁ〜と。
それは自転車屋さんの仕事だからと言うことなんでしょうが・・・

完成車って、フレーム組みよりも、返って時間が掛かるんですよねぇ〜。
ここから旅立つ商品は我が子みたいなものなので、多少出来が悪くても
みんな可愛いんですねぇ〜、そんな訳で、親身にお世話しています。

posted by BIKE TOWN at 18:17| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする