2018年10月11日

防水通勤バッグ 2年経過

昨日に引き続き ORTLIEB社製品のご紹介です。
丸二年が経過したマイ通勤バッグ
未だ未だ使用可能な状態ですが、昨日新たに発表されたモデルに興味津々。
今のバッグの良し悪しを整理して、次期導入の検討材料にしようと思います。

DSC_1099.JPG
大分クタビれた感がありますが、非常に丈夫です。

《良い点》
*軽い!
 カバンには軽さを求めていませんでしたが、これを使用した後で
 通常のリュックを背負ったら重くて参りました。
 ショルダーの形状も凝ったものではありませんが、軽さは重要みたいです。

*小さく、ペシャンコに出来ます。
 携帯用の専用巾着袋が付属してまして、それに収納可能です。
 普段使いも出来るくらいですから、旅行などに携帯して行くとかなり便利です。

*頑丈!
 365日使用中ですが、普通には壊れません。
 但し、一度だけ食材をメチャメチャ詰め込んで、机の高さから落としちゃったら
 流石に鋭利な部分と接触した所が切れちゃいました。
DSC_1101.JPG
 裏側から梱包用のテープで塞いだら、結構使えてます。

*意外と沢山入ります!
 生地が柔らかく、内部には何も仕切りが無いので、詰め込めばかなりの容量です。
 
*背面のエアークッション機構は使えます!
 必要な際に空気を入れて使用する背面のクッションは、箱物などを入れた際に
 背中への干渉を和らげてくれ、役に立ちます。(割と直ぐにしぼみますが。。。)
DSC_1100.JPG

*濡れても大丈夫!
 完全防水が売りのメーカーだけに、バッグは勿論ですが、
 ショルダー部分はメッシュ構造なので、水を含む事がありません。
 そのため、雨天走行後に再使用する場合でも、洋服が濡れません。

*お弁当が温かい!
 気密性も優れて居るので、温かいお弁当がしばらく保温されます。
 タオルに包んで来たりすると更に効果アップです。
 (タオルは、濡れた所を拭き上げる際にも使いますので必須です)

《悪い点》
*中身が見えない
 黒を選んだためですが、暗くて中が良く見えません。
 仕切りも無いので、小分け袋の明るいカラーを入れて、使ってます。

*雨天走行後に開けると中に水が入ることがあります。
 開口部のロールアップに水が付着していると、開ける時に中へ水が入ります。
 そこだけはササッと拭いてから開けるのが良いようです。

*形がグニャッとなっちゃう。
 柔らかい素材なので、詰め込まないで背負うと、形が崩れます。
 見た目気にしなければ、大問題ではありません。

*夏は背中が熱い!
 登園時以外はチャイルドシートへ括り付けて居るので大したことありませんでしたが、
 夏の暑い最中に背負いっぱなしだと、通気機構が無いので、背中は汗まみれ。

こちらがニュ〜〜モデル
DSC_1121#1 のコピー.JPG
グリーンが新型、これにしようかと。。。
(右の黒い物が付属の収納袋へ入れた状態です。)
新たな機構も採用されていますので、またジックリ使ってインプレしたいと思います。
posted by BIKE TOWN at 17:48| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする