2011年03月29日

心ない言葉

温かい、幸せな2人を迎え入れてのち、
再び、節電&さむーーーい店内で店番しています。

店頭には「節電しながら営業中です」という紙を
貼らしてもらっています。
貼り紙なんて、ちょっとうちの店っぽくないんですが、
あまりにも暗いので、閉まっているとしか思えない!
ただでさえ門を閉めているから、
「やってるんですか?」と言われますからね。

でも先日。。。。
デートをしているカップルが、うちの店を通り過ぎたとき、
彼のほうがひと言ポツリ。

「節電するなら、営業しなければいいのにね」

ショックでした。
私たちはこれが生業です。
お店を開けなければ、生きて行けません。
商品が売れなければ、お店をたたむしかありません。

暗くても、寒くても、
被災地の方々、計画停電にかかった方々を思い
頑張ってお店を開けているのに。
こう言っては申し訳ないけど、
「地震や節電など自分には関係ない」と思っているような
その若い男性の言葉が、とてもとてもショックでした。

でもまぁ、頑張ってやっていきます。
あー、ここに書いてスッキリしましたわーい(嬉しい顔)

posted by BIKE TOWN at 19:47| Comment(0) | BIKE TOWN PLUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: