2011年10月21日

タイヤの装着に便利な小物

タイヤをはめる時に手のひらが痛くて痛くて と言う経験がお有りならば
不要になったチューブの利用をお薦めします。

装着時はどうしても硬くて入れづらいのでレバーを使いたくなるもの。
でも、、その時にチューブを挟み込んでせっかく装着したのにパンクぅぅ〜。
な〜んて経験があると思います。
なので可能な限り、装着時はレバー使用は避けたいハズ!
そんな時はゴム手袋や革手袋も善いのですが、不要になったチューブの切れ端を使います。
10センチ程に適度に切って、手のひら側に持ち、タイヤをしごくと
摩擦力が高まり、手のひらが痛くなくて結構イケます。
(MTB用の少し太いチューブが最適です)
私は仕事柄、頻繁に硬くて投げ出したくなるタイヤ装着に出くわしますが
ゴムチューブ利用で苦労が軽減しています。
その他のコツもありますが、不要チューブはお試し下さい。

ちなみに伸縮性の良い高級不要チューブは、輪行等で何かを縛ったり
車載時にくくり付けたりしても傷が着かず、とても便利な小物になります。
再利用しなくちゃね!
posted by BIKE TOWN at 20:26| Comment(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: