2011年11月24日

自分のはテキトー

先日の月曜日、サイクリングへ出掛けました。
帰り道で大雨に降られ、寒さにも凍えながらひたすら帰路を急ぎました。
手足の感覚も寒さで麻痺して、家にたどり着いて、ずぶ濡れのウェアを脱ぎ、
足の裏を視たら、、、真っ青。
相当寒かったようです。

で、そのままフレームからの水抜きだけして放置していたロードバイク。
今日、お客様への掃除説明に使用して初めて気が付きました。
リアのスポークが折れていたのです。
走行中に気が付かなかったのは、寒さと大雨で思考回路麻痺だったようです。
我ながら恥ずかしい。。。
ザッと視た時にリアのブレーキパッドが片側だけ変則的に減っていると思ってました。
これだっんですね。

それにしてもこれで4度目のスポーク折れ。
自分のホイールは適当なスポークを使用して、適当にササッと組んでいます。
『こんなもんでイイや!乗れるよ』ってな具合。

通常の販売用として使用している SAPIM スポークは未だに一度も折れたと言う方が居ません。
いつかは自分用にも SAPIM を使用してみたいと思います。
posted by BIKE TOWN at 15:44| Comment(0) | BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: