2016年05月06日

手間は一緒だぁ〜〜。。

今日はご注文いただいた割とお手頃感のある完成車の組み立てをしました。
いつもながらにワイヤーの取り回しなどをご注文主さまを頭の中で連想し、
相談した内容を網羅しつつ、納車後のステム長さ変更や
輪行なども考慮して、最良化しましたぁ〜。
2016050616140000.jpg

お手頃だろうと、高額商品だろうと、所有されることを考えて組むので
時間は同じように掛かりますが、手抜きは出来ません。
機械は嘘をつかないので、テキトーにやれば後々のしっぺ返しが
メンテナンスを受け持つこちらへ回ってきますし。。。

しかし、リアエンドの確認や、錆びやすい鉄製クイックシャフトへのグリス塗布など
色々と手当てはしていますが、このバイクは流石!組立工場のレベルが素晴らしい!
2016050616300000.jpg
ヘッドパーツのベアリング接触部へしっかりとグリスが塗り込まれています。

重箱の隅を突く訳ではありませんが、購入される側が判断つかない部分のチェック
これは我々プロの仕事として重要なポイントです。
posted by BIKE TOWN at 17:28| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする