2018年03月23日

輪行くらいは・・・

03OS500RED-L.jpg
当店在庫あり、限定品の 真っ赤なタイプ
これをご購入いただけば良かったのか・・・・

5月に開催される横浜トライアスロン大会
それに参加するという遠方からの電話。
今年は海外にも挑戦するから手始めとして横浜へ行ってみようかと。
普段は500キロくらいの距離でも車で移動するそうで、
今回は飛行機を使うので、箱詰めして、少しバラして来るんだそーです。
来た時に有料でも良いから組み上げてくれないかと、言う要件でした。
ワタクシ、僭越ながら申し上げましたでゴザイマス。

自分で分解、組み立てが出来なくて
レースやイベントにしっかり参加出来ますか?
海外も視野に入れてるなら、尚更。
最低限の組み立て、自身の自転車の状況を把握しなくちゃ!
都心じゃないにしても、500キロも移動出来る術を持ち合わせているなら
自分に合った自転車屋さんを探して、輪行や最低限の整備をレクチャー受けた方が
これからの事を考えても重要ですよ。と・・・・

要望は組み立てして欲しいと、言うものでしたが、お断りしました。
だって根本的な考え方が間違っているので、ご本人のためになりません。
ご友人からアドバイス受けて、通販などで購入されている様子でしたが、
プロのアドバイスにその対価を支払い、支障なくスポーツを楽しむことを考えて欲しいと思いました。

当店のライドイベントで輪行が必要な場合には、その方にあった袋をお薦めし
ご購入時にご自身の自転車を使用して、実際に輪行作業をしていただいています。
そうすることで、収納、組み上げを出来る術が身に付き、
イベント参加時に他人の手を煩わせることが無くなります。
他人任せの整備で、状況も解らず、トラブル引きずって走行し
万が一の事でもあったら、本人は元より他人様へも迷惑を掛けます。
折角のお楽しみも台無しになっちゃいます。
会場などにあるメカニックブースは非常用ですので、日常の整備や
常識的な組み立ての負担を負わせては運営に支障が生じると考えましょう。
そうした姿勢も大切な心構えです。

と、言いつつ 『他人のふり見て我がふり直せ』
追悼ライドではご参加の皆様にご迷惑が掛らぬよう
整備と健康管理に留意したいと、心しております。
宜しくお願い致します。
posted by BIKE TOWN at 17:06| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする