2018年05月22日

手組みチューブラー向きな自分?

明日は展示会見学のため、16時からの営業とさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが宜しくお願い致します。

週末のファーム会へ久しぶりに手組みチューブラーで参加して来ました。
暫く振りに挑戦してみたいなぁ〜とは、考えていたものの
なかなかあの速度域で使用する勇気が出ませんでした。
チョットした都合で、ホイール交換する時間が無く、普段仕様で向かった結果
随分前に感じた、中間加速時からの不利益が無く
それどころか、路面の凹凸を乗り越えるあの コシ が何とも素晴らしく
こっちだ!と妙な納得をしました。
ま、先週は元選手にぶら下がるように走った影響もあったのでしょうが、
今までにない感触に、たまらなく感動しています。
DSC_0735.JPG
私の先生からは 店長にはそれは重いでしょ。 と言われたリム。
お客様の自転車を持ち上げた後に、我がバイクを持つと確かにズッシリします。
が、回転時の滑らかさ、走り出してからの慣性、ブレーキタッチ、下りでの安定感
一昔前のフランドルやパリルーベに想いを馳せるこの風貌
どれをとっても最高の相棒であります。

で、今日のオーダーは、ママチャリに衝突されてひしゃげちゃったリム交換でした。
DSC_0736.JPG
これもまた、サイコーにお気に入りの強靭なクリンチャーリムであります。
アルミニップルのご希望には少し疑問を感じていますが、
過酷な使用に耐えてくれることと思います。

手組みは見た目とっても地味ですし、特に良い所が有る訳でも無く、
かと言って、悪い所が有る訳でも無い、何の変哲も無い素晴らしい商品デス!
但し、誰にでもと言うことでは無く、更にはチューブラーがイイなぁ〜と思います。
posted by BIKE TOWN at 18:13| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする