2018年09月19日

TIME2車種のテストライドして来ました。

ちょっと様子が思わしくないと言うご贔屓様の自転車
作業台では問題は認められず、乗車後1時間ほどすると症状が現れるらしい。
と、言うことで、お天気にも恵まれた今朝 テストライドへ繰り出しました。
DSC_1058.JPG
ホイール、タイヤ、ペダル、携帯ポンプ、前後ライト、ボトル、メーターは私物
様子がおかしいと思わしき部分に注意しながらの乗車となりましたが
兼ねてより気になっていた自身のTIMEはもう古過ぎるのでは?と言う疑問が
解消出来るかもしれないチャンスを与えていただきました。
何と言ってもサイズがドンピシャ、サドル高さは少し調整しましたが
その他は こういうもんだ! と肝に命じれば納得出来る仕様の違い。
そこら辺の違いを感じることが出来るチャンスでもありましたので
更にラッキーなひと時。

さて、本命の問題点は私の前では鳴りを潜め、至って絶好調なバイクでした。
折角なので、テストライド後に同じコースを自分のバイクで走って来ました。
そうすると細かな違いが明確になりました。
まぁ色々とありますが、その辺はご来店して下さったご贔屓様方だけに
そっとお話しするとして、一番の驚きを。。。

マイバイクのアウターは50T テストバイクは52T
なのに、テストバイクの方がギアが掛かり、効率良く回ります。
また、40キロ前後からの加速では明らかにテストバイクが走ります。
クランク剛性?その他なのか?とも考えましたが
反応性と言うのは新しい物の方が断然良いのでしょうね。
例えが悪いかも知れませんが、野球ボールの軟式と硬式のような違い。
ドスン・ベチャ、みたいな感じがカンカン・ポワァンみたいな感じ。
それとマイバイクだとタイヤとホイールの良さに気を取られることが多いのですが、
テストバイクはその良さがダイレクトには感じ取れませんでした。
以前から感じていたマイバイクの 少し軽量なクロモリみたいな感じ
正にそんな表現がぴったり来ましたし、ミウラさんがその昔おっしゃっていた
『そんなん海に捨てろヤァ〜〜』が思い出されました。

2月の到着予定のALPE D' HUEZ01 買わない理由が無くなった
今朝のテストライドでしたぁ〜。
DSC_1059.JPG
posted by BIKE TOWN at 14:11| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする