2019年06月30日

FRANCE MADE の『枠』はあと少し?

今期、TIMEのフレーム製造工場がフランス国内からスロバキアへ移転します。
移転前の生産枠で製造出来るフレームの中に FLUIDITYとSCYLONの2モデルがあります。
KIMG1261 のコピー.JPG
KIMG1295 のコピー.JPG

ここからは私の勝手な 思い込み ですが、そこで生産されるフレームを最後に
次なるステップへと進むのでは無いかと 思い込んで います。
独自のRTM製法は引き続き継承されますが、フランス製では無くなります。
その部分に興味惹かれる方は、是非お悩み下さい。
KIMG1292 のコピー.JPG
KIMG1293 のコピー.JPG
KIMG1294 のコピー.JPG

工場を移転する場合、製造設備の立ち上がりには大変な苦労が付きものです。
更には、品質の維持、生産数の確保など、しばらくは混乱することも予測出来ますので
当面は、今までの全てを維持することは難しくなるでしょう。
今もそうですが 『気長に』 が大切なキーワードとなる気がします。
乗った感じも ジワジワと良さに気がつく そんなメーカーなので
長い目で見て行きたいですね。


posted by BIKE TOWN at 14:59| BIKE TOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする